十和田の

十和田湖や奥入瀬渓流が紅葉を迎えるシーズン。雄大でフォトジェニックな景色は、訪れる人たちを魅了します。おいしい食事と温泉、もちろんアートめぐりも忘れずに。食欲の秋、芸術の秋も満たす旅が、十和田の秋です。

の話題

十和田奥入瀬観光機構が特集や十和田湖・奥入瀬渓流・まちなかにフォーカスした”とわだ旅”を楽しくするきっかけを配信します。

ONSEN・ガストロノミー

十和田湖を代表する「ひめます」と、全国屈指の“B級グルメ”として知られる「十和田バラ焼き」を味わい、十和田湖畔や奥入瀬渓流をめぐったあとは、“日本三秘湯”にも名を連ねる「谷地温泉」で、疲れを癒す。そんな、十和田でしか体験できないガストロノミーウォークを用意しています。 ※ツアーの実施時期になりましたら告知いたします。

奥入瀬渓流の紅葉

奥入瀬渓流の紅葉は、十和田湖に近い上流付近が最も早く、10月半ばから始まり、下流の焼山付近では11月上旬まで紅葉を楽しめます。赤や黄の鮮やかな葉の色づきは、この時期にしか味わえない魅力。せせらぎを聴きながらの奥入瀬渓流散策はぜいたくな時間です。

十和田湖の紅葉

青森県と秋田県の県境にある十和田湖は東北屈指の観光地です。四季折々の魅力がありますが、秋の十和田湖はのんびりとした雰囲気が漂い、ブナやカツラなどの紅葉狩りを楽しめます。「乙女の像」のある御前ヶ浜から桂ヶ浜までの遊歩道は散策にぴったり。十和田湖遊覧船やパワーボート、カヌーツアーもおすすめで、十和田湖の雄大さを感じられるでしょう。

八甲田山、蔦沼

十和田湖や奥入瀬渓流と異なる自然を満喫できるのが蔦沼です。蔦温泉を中心とした一帯は、深いブナの森になっており蔦沼、鏡沼、菅沼、長沼、月沼、ひょうたん沼、赤沼の7つの沼があります。これらの7つの沼は「蔦七沼」と呼ばれ、赤沼を除く6つの沼を結ぶ自然観察路が整備されています。野鳥の宝庫としても知られており、野鳥のさえずりをBGMに散策を楽しめます。

芸術・アートの秋

芸術の秋を楽しむなら、まちなかエリアがおすすめです。十和田市現代美術館は、青森県十和田市が推進するアートによるまちづくりの拠点施設として2008年に開設した美術館。国内外の有名現代アーティストの作品が展示されています。館内だけでなく、周辺には野外アート作品が点在し、まち全体でアートを身近に感じられます。

十和田を検索

お店探しはお任せ!十和田の旅に役立つ検索ページです。
エリアや目的別に店舗情報を探せます。

Towada Travel メールマガジンニュースレター
メールマガジン受信希望のメールアドレスをご入力ください。
送信することにより、Travel Towada が配信するニュースレターの受信に同意します。メール配信のための個人情報の収集に同意します。
ご登録ありがとうございます。配信をどうぞお楽しみに!
エラーが発生しました。